平行作業(マルチタスク)ができず効率が落ちました

私は遊んで暮らす日々を目指して
奔走しているのですが、


やる必要がある作業が
とても多いです。


私はそれらの作業を平行して
行おうとしたのですが作業効率が
落ちてしまいました。


何が悪かったのか、
今後どうするべきかについて
書いていきます。

マルチタスクはするべき?

結論から言えば、平行作業
すなわちマルチタスクは
するべきではありません。


その理由は、科学的にも証明されています。


アメリカのスタンフォード大学にて
マルチタスクは生産性が上がるかどうか
実験が行われました。


その結果、マルチタスクを行った人は
生産性が落ちる
という結果が出ています。


効率が落ちた理由は
たくさんある情報の整理の整理に
時間がかかったこと、

1つの作業から別の作業に
移行するまでに時間がかかったことです。

以下が実際の研究内容(英語)です。
Media multitaskers pay mental price, Stanford study shows


実際私もマルチタスクをこなそうとして
効率が落ちていると感じました。


勉強やブログ、その他もろもろ
していたのですが、
どれも効率よく出来ません。


これはたくさんの事を同時にやろうとして
そのどれもが中途半端になっていることが
原因のように思えます。


あれもやらなければならない、
これもやらなければならない。


そのような状態になってしまうと
一つ一つの作業が
雑になってしまいます。


そうなると勉強は身につかないし
ブログの内容は適当になっていきます。


作業効率を上げるために行った
マルチタスクが効率は下げてしまっては
元も子もないですよね。


なので極力マルチタスクは
避けた方が良いと思います。

作業は極力シングルタスクで

仕事内容や作業内容によっては
マルチタスクは避け辛いかもしれません。


電話応対などが割り込みで入るのは
仕方ないかと思います。


ですが効率を落とさない為にも
なるべくシングルタスクで作業を
行うようにしましょう。


「今日一日はこの作業しか行わない」
「この作業が終えるまで他の事はしない」
という状況を作ることが出来るのが
望ましいです。


勉強を例に出すならば
「今日は英単語を覚える事にのみ集中する!」
という感じです。


自分にとっての作業が
シングルタスクに
置き換えれるのであれば

作業をシングルタスクで
行う事をお勧めします。

効率化の最新記事8件